参加資格・編成 実施部門・人数 各部門定義 競技エリア 競技時間
音楽 衣装 手具 安全規定 競技の中断
演技内容構成表の提出について 得点・順位に関して 入賞・表彰に関して    

ALL JAPAN CHEER DANCE CHAMPIONSHIP 2013
第15回全日本チアダンス選手権大会・第13回全日本学生チアダンス選手権大会
−競技規定−

選手の皆さんへ
大会の出場にあたり、以下の事項を守り、選手の皆さんにとって素晴らしい大会になりますようご協力をお願い致します。


◇選手としてスポーツマンシップに則り、練習の成果を存分に発揮すること◇
◇出場する全てのチームを敬い、応援している観客やボランティアスタッフに感謝すること◇
◇チアリーダーとしてJCDAが掲げる3つのスピリットを心掛けること◇
  ・チアスピリット・・・・・・・・・常に笑顔で人を応援し元気づける
  ・ポシティブスピリット・・・・何事にも前向きな気持ちで取り組む
  ・ボランティアスピリット・・・思いやりの心を持ち社会に貢献する


▼ 印刷する方はこちら


PDFファイルをご覧いただくには
Adobe Readerが必要となります
Get Acrobat Reader web logo
Get Adobe Reader


≪※注:下線部は2014年度からの改訂・追加事項です≫

01.参加資格・編成

2015年4月2日の時点で以下の学年で編成したチームであること

  • Mini編成 :メンバーが小学4年生以下で編成したチーム
  • Youth編成 :メンバーが小学6年生以下で編成したチーム
  • 中学生編成 :同一の学校に在籍している中学生で編成したチーム/メンバーが中学生以下で編成したチーム
  • 高校生編成 :同一の学校に在籍している高校生で編成したチーム/メンバーが高校生以下で編成したチーム
  • 大学生編成 :同一の学校に在籍している大学生で編成したチーム/メンバーが大学生以下で編成したチーム
  • 一般編成 :上記以外で編成したチーム

一つ前のページへ戻る  ページトップへ

02.実施部門・人数

編成 Mini(S) Mini(L) Youth(S) Youth(L) 中学生(S) 中学生(L) 高校生(S) 高校生(M) 高校生(L) 大学生 一般
人数(名) 5〜12 13〜 5〜12 13〜 5〜12 13〜 5〜10 11〜17 18〜 5〜 5〜
Pom部門
(ポン)
Cheer Dance部門
(チアダンス)
Hip Hop部門
(ヒップホップ)
Jazz部門
(ジャズ)
Traial部門
(トライアル)

※(S)=Small編成、(M)=Miedium編成、(L)=Large編成
※競技部門とは別に各予選大会でトライアル部門を設ける(トライアル部門の詳細は各部門定義を参照)

  • エントリー時の注意
    • 同団体所属のチームが2つ以上の異なる予選大会にエントリーすることは不可
      ただし、学校行事等でやむをえない理由の場合は他予選大会へのエントリーを認める
      *その場合は必ず事前に事務局に連絡をしてください
    • 同チーム同選手、同演技内容で2つ以上の予選にエントリーすることは不可
    • 同一選手は2部門までエントリー可
      例)Pom部門/高校生Small編成とCheer Dance部門/高校生編成の重複エントリー可
    • 同一選手が同部門の他編成でエントリーすることは不可
      例)Pom部門/大学生編成とPom部門/一般編成の2部門のエントリー不可
    • トライアル部門であれば同一選手が3部門までエントリー可
      例)Pom部門/高校生Small編成とJazz部門/高校生編成とトライアル部門Cheer Dance/高校生編成の重複エントリー可
    • 同チームで複数の部門に出場する場合は、それぞれエントリーすること
      例)Pom部門とCheer Dance部門にエントリーする際は、エントリーフォームを2回送信

※エントリー後の部門、編成の変更は認められませんのでご注意ください
ただし、編成をまたがない人数の変更はチーム登録時まで可能です

  • チーム登録時の注意
    • チーム登録後のチーム名、登録選手の変更は不可
    • 怪我などやむを得ない事情で選手が減少する場合、当日の受付にて最終演技人数を申告すること
      *事前の変更届けは不要
  • 補欠に関する注意
    • 補欠選手は2名まで申請可
      *補欠選手はあくまで大会出場選手が怪我などのやむを得ない時の交代として登録可
      *予選、決勝を通して補欠選手が出場するとこにより、人数を増やすことは不可
      例)出場選手登録10名、補欠選手登録2名を行った場合、12名で演技することは不可
    • 決勝エントリーは予選大会において出場選手及び補欠選手に登録した者のみ登録可
      *予選大会に選手及び補欠登録をしたメンバーが決勝に登録可
      *予選に登録したときの人数から決勝の登録人数を増やすことは不可

一つ前のページへ戻る  ページトップへ

03.各部門定義

  • 全部門、家族が観る大会に相応しい演技内容(振り付け、音楽、衣装)を考慮し構成すること
  • 競技者の年令を考慮し、各年令に見合った演技内容で構成すること
  • 部門毎に定めた「演技規定」を確認すること(協会HPよりダウンロード)

Pom部門
Mini:Small編成/Large編成 Youth:Small編成/Large編成 中学生:Small編成/Large編成
高校生:Small編成/Medium編成/Large編成

  • Pom/Line Danceの2つのカテゴリーで構成すること
  • 演技の8割はポンポンを使用し、手具としての視覚的効果を取り入れること
  • チームとしての正確さや均一性、一体感が重視され、シャープで力強いアームモーション、同調性溢れるダンスが求められる
  • 視覚的効果(フォーメーションチェンジ、グループワーク、連続性、立体的な変化)を取り入れた創造性あふれる振付構成を重視する

Pom部門
大学生編成 一般編成

  • 演技の8割はポンポンを使用し、手具としての視覚的効果を取り入れること
  • チームとしての正確さや均一性、一体感が重視され、シャープで力強いアームモーション、同調性溢れるダンス、正確なテクニカルスキルが求められる
  • 視覚的効果(フォーメーションチェンジ、グループワーク、連続性、立体的な変化)を取り入れた創造性溢れる振付構成を重視する

Cheer Dance部門
Mini編成 Youth編成 中学生編成 高校生編成 大学生編成 一般編成

  • Pom/Hip Hop/Jazz/Line Danceの4つのカテゴリーをそれぞれ連続して20秒以上(Line Danceは除く)取り入れて演技構成をすること
  • チームとしての正確さや均一性、一体感が重視され、各カテゴリーの特徴を生かした演技が求められる
  • 視覚的効果(フォーメーションチェンジ、グループワーク、連続性、立体的な変化)を取り入れた創造性溢れる振付構成を重視する

Hip Hop部門
高校生編成 大学生編成 一般編成

  • ストリートスタイル(Hip Hop・Funk・Lockingなど)の動きとリズムを取り入れたダンスで、チームとしての正確さや均一性、一体感が求められる
  • リズム、ボディアイソレーションやコントロール、ステップワークなどを取り入れた同調性溢れるダンスが重視され、視覚的効果(フォーメーションチェンジ、グループワーク、連続性、立体的な変化)を取り入れ、音楽を生かしたダイナミックで創造性溢れる振付構成が求められる

Jazz部門
高校生編成 大学生編成 一般編成

  • バレエを基礎とするしなやかで流れるような動きを中心としたダンスで、チームとしての正確さ、均一性、一体感が求められる
  • ボディコントロールやバランス、正確なダンスワークやテクニカルスキルを取り入れた同調性溢れるダンスが重視され、優れた音楽の解釈と視覚的効果(フォーメーションチェンジ、グループワーク、連続性、立体的な変化)を取り入れた創造性のある振付構成が求められる

トライアル部門
Mini編成 Youth編成 中学生編成 高校生編成 大学生編成 一般編成

  • エントリーは各予選大会に限る
  • 過去の大会参加(競技部門・トライアル部門ともに)に関わらず全チームエントリー可
  • 演技内容は各競技部門の規定に沿った演技内容で構成すること
  • 競技部門に無い編成でのエントリーも可、但し演技は競技部門の規定の沿った内容で行い、安全面にも充分に考慮すること
    例:Jazz部門Mini/Youth/中学生編成・Hip Hop部門Mini/Youth/中学生編成(トライアル部門内でのエントリー)
  • 入賞表彰は行われないが、チームにはJCDAインストラクターによる演技評価コメントシートが渡される

一つ前のページへ戻る  ページトップへ

04.競技エリア

  • 原則として横20m × 奥行15mとする
  • フロアには縦、横にセンターラインが引かれる
  • 演技は競技エリア内で行い、途中入退場は不可 (全選手が競技エリア内で静止した状態から開始、終了すること)

一つ前のページへ戻る  ページトップへ

05.競技時間

  • 競技時間(演技の始めから終わりまで)は2分〜2分30秒以内とする<違反の場合は2点減点>
  • 入退場の時間は競技時間に含まないが速やかに行うこと
  • 競技時間の測定のタイミングは音楽又は動きの始まりから音楽又は動きの終わりまでとする
  • ±5秒の誤差は減点対象とならない(但し演技は必ず競技時間規定内で作成すること)

  • 一つ前のページへ戻る  ページトップへ

    06.音楽

    • 演技に使用する音楽は家族が観る大会に相応しく歌詞の内容にも注意すること
    • 音楽に関して減点は行われないが、審査員の判断のもとスコアシートの点数に反映される
    • 演技が無音(音の無い状態)で行われる場合は音源にも無音の状態を入れて作成すること
    • 音楽に関しては事前に使用曲申請書(全部門)/演技内容構成表(Cheer Dance部門のみ)を提出すること

    一つ前のページへ戻る  ページトップへ

    07.衣装

    • 全部門衣装は原則的に自由とするが、競技者の年令や演技の内容に見合ったものが望ましい
    • 競技者としての品位(清潔感、メイク髪型などの身だしなみ、着用の仕方)を損なうものは避け、家族が観る大会に相応しい衣装を正しく着用すること
    • 衣装に関しての減点は行われないが、審査員の判断のもとスコアシートの点数に反映される
    • 競技中に外れる、また体を傷付ける恐れのあるアクセサリーの着用禁止 (指輪・ピアス・ブレスレット・ネックレス・ボディピアスなどはテープや他の方法で覆い隠して着用することも禁止)
    • アクセサリーは外れたり体を傷付ける恐れのないよう充分に考慮されたもの(チョーカーやヘアアクセサリーなど)のみ衣装の一部として着用可
      <違反の場合は2点減点>
    • シューズは各部門の演技内容及び衣装に見合ったシューズを着用することが望ましい
    • 裸足での演技は認められるが、摩擦や怪我の防止など安全面を充分考慮すること
    • 靴下のみの着用や床を傷付ける靴(ヒールのあるもの)の着用は禁止
      <違反の場合は2点減点>

    一つ前のページへ戻る  ページトップへ

    08.手具

    • 演技中にフロアや体を傷付ける恐れのあるものや大きなものは不可 (椅子や選手の何名かが覆われる布など不可)
    • 演技の途中で手具を使用する場合は競技エリア内に準備すること(使用の終わったものが競技エリアの外に出ても良い)
    • 部門毎に内容が異なるため、詳細は「演技規定」(協会HPよりダウンロード)を確認すること

    一つ前のページへ戻る  ページトップへ

    09.安全規定

    • 全ての演技は選手の年令やスキルを考慮した上で作られ安全で怪我の無いよう充分に注意すること
    • 部門毎に内容が異なるため、詳細は「演技規定」(協会HPよりダウンロード)を確認すること
    • 審査員が危険と判断した演技に関してはその都度減点が行われる
    • 不明な点は事前に協会事務局に問い合わせること (質問の回答を受けるチーム代表者連絡先を明記の上、動きを録画したDVDを協会事務局宛に郵送)

    一つ前のページへ戻る  ページトップへ

    10.競技の中断

    • 選手の怪我などにより審査員が競技の続行が危険、もしくは不可能と判断した場合、競技を中断させることがある
    • 競技の再開はチームの意思を確認のうえ、審査員の判断により行われる

    一つ前のページへ戻る  ページトップへ

    11.演技内容構成表の提出について

    • 審査員がカテゴリーを正確にジャッジするために、事前に演技内容構成表を提出するものとする
    • カテゴリーごとに演技構成の順を追って、演技秒数を記入すること 記入例:Pom 40秒⇒LINE20秒⇒Hip Hop30秒⇒Jazz45秒 《TOTAL2分15秒》
    • 演技構成上、無音(音の無い状態)で演技を行う場合もその秒数を記入すること
    • TOTAL TIMEは必ず競技時間規定の2分〜2分30秒以内とすること
      例:1分58秒や2分32秒での提出は不可

    一つ前のページへ戻る  ページトップへ

    12.得点・順位に関して

    • チームの総合得点は100点を満点とし、総合得点の算出方法は以下のとおりとする
      1. 各審査員がそれぞれ100点満点で採点
      2. そのうち、最高点・最低点をカットする
      3. 合計点を審査員の数で割った平均点がチームの総合得点となる
    • 減点に関してはチームの総合得点より引かれるものとする
    • 順位は各部門とも高得点順とし、同得点の場合は同順位としてそれ以降の順位は繰り下げとする
    • 予選大会に関しては審査員の人数によって最高点・最低点のカットを行わない場合がある

    一つ前のページへ戻る  ページトップへ

    13.入賞・表彰に関して

    • 予選大会においては各部門上位チームに入賞及び特別賞を授与する
    • 決勝大会においては@Mini編成/Youth編成/中学生編成 及び A高校生編成/大学生編成/一般編成においてそれぞれ入賞と共に各特別賞を授与する
    • 全部門のなかで最優秀チームにはMini編成/Youth編成/中学生編成にはJCDA賞、高校生編成/大学生編成/一般編成にはグランプリを授与する
    • JCDA賞は大会最高得点を獲得したチーム、グランプリは優勝チーム再演技後ジャッジの投票により決定する

    一つ前のページへ戻る  ページトップへ