2016.02.03

今回のチームレポートは、 福井県立福井商業高等学校チアリーダー部・JETSの皆さんです。チームを代表して山口まどかさん、前田利恵さん、和田風花さんにお話を聞きました。

JETSはどんなチーム?

3年生14名、2年生23名、1年生20名の57名で、現在のメンバーが8,9,10代目です。 JETSというチーム名はジェット機のように急成長するチームという意味が込められています。

チームならではの練習方法やルールはありますか?

朝、昼、放課後に毎日練習しています。
朝は筋トレやバーレッスン、表情の練習、イメージトレーニングなど。
昼はクロスフロア、放課後は大会に向けてダンス練習をしています。
「明るく素直に美しく」をモットーに活動しています。JETSカードというものがあり、このモットーを含めた言葉を入部すると覚えています。

オリジナルグッズや揃えているチームグッズはありますか?

バッグ、タオル、ファイルがあります。
チームカラーは赤・白・青です。

活動の中で大切にしていることはありますか?

全員で時々学校中のトイレ掃除をしています。隅々まで掃除をして、どこが一番綺麗か競い合っています。身の回りから綺麗にしていくことを心がけています。

NDA National Championship出場の感想を聞かせてください

昨年度3月に出場しました。会場の音と歓声がものすごかったです。前回はとにかく(当時の)3年生についていくのに必死でしたが、次回は2年生がついてくるように3年生としてしっかりしたいと思っています。

今後の目標や意気込みをどうぞ!

決勝大会で8代目らしく団結力を大切に、みんなを感じて踊ることが目標です。その結果として、優勝して、グランプリをとってチャンピオンジャケットを着ることが最終目標です。

Instructor’s Eyes

大会では毎年迫力ある演技をみせてくれるJETSのみなさん。2015年大会も魂のこもった演技で、見る人を魅了していました。

インタビューに答えてくださったJETSの3名はとても元気いっぱいで、丁寧に受け答えしてくださいました。実際にお会いしてみると、さわやかでフレッシュな空気を感じました。
代表の3名は3年生で、8代目とのこと。自分たちらしい演技をするために「8代目のうた」があるそうです。3名が着ていたTシャツには「結」の文字が。
今回のインタビューの中でたくさんのキーワードを耳にし、それぞれの言葉を大切にしながら日々の活動をしていることが伝わってきました。
息ぴったりに、歌やスローガンを口にする姿は、迷いのない真っ直ぐな気持ちが表れていたように思います。

そんな魂のこもったJETSのみなさんの演技をこれからも楽しみにしています。