九州予選大会パフォーマンス

こんにちは!

JCDAインストラクターの中島乃里枝です。

いよいよ、全国大会も今週末に迫り、全国出場チームは、練習も最終調整の時期をむかえているのではないでしょうか??

さて、JCDAスタッフblogや公式facebookやInstagramでもご紹介してきた、各地区予選を振り返って、昨年度より、九州予選大会では、九州地区で、活動している中高生のチアリーダーを募集して、九州予選大会のパフォーマンスのために初夏にオーディションを行い、九州パフォーマンスチームを結成しました。

練習は、1回2.5h全4回。

チーム は、オーディションで選抜された24 名と一般募集の15名で構成されています。

九州はとても広いので、各地からメンバーが集まっています!!

それぞれのチームカラーが自主練の間も出ており、お互いに刺激しあいながらの練習がスタートしました。

毎回のレッスンで、村田インストラクターが

『はじめましての人と2人組ストレッチ、会話をしよう!』

と声をかけ、4回のレッスンのなかで、さまざまなチームメンバーともコミュニケーションを取っていました。

少し恥じらいながら、自己紹介したり、お互いに気遣いながらのストレッチ。

最後のレッスンで、村田インストラクターは、

『みんなが九州の中で憧れの存在になってほしい!演技をみた選手たちが元気になれるように!そんな演技を心がけよう!』

とメンバーに熱く声をかけたそうです。

そして、いよいよ本番!

円陣は、いつも決まって

『がんばるぞー!』

『オーッ!!!』

チームの垣根を超えて、九州地区全体のチアリーダーを代表して、力強く元気に会場をもりあげてくれました!!

今回、九州パフォーマンスメンバーとして活躍してくださったお二人にインタビューをしています↓

NAOチアダンスクラブ

小市涼卯さん(高校1年)

西村優依さん(中学1年)

九州予選大会パフォーマンスに出場して、違うチームの皆さんと一緒に踊り、改めてチアダンスの素晴らしさを感じ、とても良い経験となりました。有難うございました。

西村優依

他のチームの人と繋がり「オープニングパフォーマンス」が出来上がり、最高の経験をしました。レッスンで学ぶ事も多く、自分自身のスキルアップにも繋がりました。有難うございました。

小市涼卯