小松川小学校チアダンス授業レポート-2年生1,2回目-

こんにちは!
関東インストラクターの花島です。
小松川小学校チアダンス授業レポート、今回は2年生の1,2回目の様子をお届けします!

まずは、全員同じ振付で踊る部分を練習します。3,4年生は運動会でチアダンスを踊った事がありましたが、2年生は全くの初めて…少し難しいかな?と思っていた私達の予想に反し、すぐに振りを覚えて元気に踊ってくれました!

話を聞くと、3年生の発表を真剣に見ていたおかげで、大体の振りは覚えていたそうです!
授業の間の20分休憩でも「曲かけて下さい!」「ここ教えて下さい!」と言って来てくれて、休む間もなく練習していました。熱心な皆さんがどんな作品を作ってくれるのか、とても楽しみです!

次の時間からは、いよいよグループに分かれて振り作りスタートです!
やる気満々の皆さんからは次々とアイディアが発表されますが、なかなかまとめるのが難しい様子…。この日は最初の部分を少しだけ作って終了しました。

 

そして迎えた2回目の授業。
振りを作る前に『3つのスピリット』について再確認しました。最初から諦めず前向きにチャレンジしてみる事や、思いやりの心を持って人の意見にも耳を傾けてみる事など、チアダンスのスピリットを大切にしながら振り作りを進めていこうとお話しました。

チアダンスにとって大切な事を思い出した後は、話し合いの仕方もガラリと変わり、行き詰まったら動いてみる、意見が割れたら多数決をしてみる等、グループ毎に工夫しながら振り作りを進めていき、見事オリジナルの振付部分を完成させる事が出来ました!

 

最後は、今日までの成果を4グループ同時に発表しました。発表してみて気付けた事、他のグループを見て気付いた事があった様なので、次回の授業で活かしていきましょうね!

 

 

そして、この授業の様子を『東都よみうり』という新聞に取り上げて頂きました!
生徒さんの頑張りやチアダンスの魅力が地域の方にお伝え出来ていたら嬉しいです!
発行地域の方は是非ご覧下さいね✨

 

担当インストラクター:若杉、渡辺、二ノ宮、花島